• banner_01.png
  • banner_02.png

最近の記事一覧

残暑のつれづれ

残暑御見舞申し上げます。

 

今年は、珍しくじゃじゃ降りの雨の中を、
大文字さん「五山送り火」にございました。
それでも、なんとか火が点ってはりました。
おしょらいさん(御先祖のお精霊さん)は、
ちゃんと帰って行かはりましたやろか?
あの火を見て戻って行かはりますので心配致しました。

毎日、暑うて暑うてかなわしません。水辺が恋しいこの頃にございます。

京都盆地の地下には、琵琶湖と同じ位の分量の
水瓶があると昔から言われています。
お調べくださいました先生によりますと、
確か211億トンもの水が眠っているていうたはりました。
その為か、昔から地下の水瓶が温まるから
夏は蒸し暑いのやと、ようお祖母さんに言われました。
もわあっとしますスチームサウナのような蒸し暑さは、
盆地独特やとも思いますが。

そして、このところ、お出汁「ダシ」が、
お料理だけで無くお飲み物の1つとしても
人気が出てきたようにございます。
和食の基本は、お出汁やさかいに、
若いお方や海外のお方までがお出汁の文化を理解して頂けましたら、
とても嬉しゅうございます。
お陰様で、小店は京の美味しい軟水のお水で、
お出汁をひいたり、ご飯を炊いたり、京番茶を沸かしたりさせて頂いとります。
京の水から、お番菜と、京料理を、京町家でと。亀甲屋は、
京町家ダイニングの元祖と言われております。

京都のお豆腐、生麸、湯葉が、美味しいのも、
井戸水のお陰さんにございます。

もちろん、京の日本酒もやはりお水ですやろか。
そして、小店の場所が、
有り難いことに、お出汁には欠かせない、
有名なお昆布さんや、鰹節さんのお店がご近所にございます。

この地で、30年ほどもお商売を続けさせて頂きますことに感謝申します。

フヨウのお花のように、暑い中でもしっかり前を向いて精進いたします。
ご予約ご来店を、お待ちしとります。
いつも、ほんまにおおきに。
ありがとうございます。

女将拝


 

 

 

御池通のフヨウさん。